信用調査のプロが厳選したAランク企業を検索

ALevelエラベル2025

全国優良
企業検索

株式会社ハイシンクジャパン

情報通信メディア・その他
ソフトウェア開発業

技術職

関東版掲載 勤務先:東京本社の他、顧客先勤務の場合は顧客所在地

中国の最先端技術で日本のIT市場を牽引

中国の最先端技術で日本のIT市場を牽引

株式会社ハイシンクジャパン 代表取締役社長

王 興海

おう こうかい

PROFILE

1976年2月生まれ。中国大連市出身。大学を卒業後、グループ親会社である信華信技術股份有限公司に入社。PG、SE、PMを務め、2012年には副社長へ。2018年より株式会社ハイシンクジャパン取締役副社長、2022年より代表取締役社長に就任。現在に至る。

大規模な開発を支える1万人のエンジニア

ハイシンクジャパン(以下JHC)は、グループ親会社である信華信技術股份有限公司(以下信華信)の日本ビジネスの中枢として、1999年に設立されました。ソフトウェア開発などのサービスを提供する外資系IT企業として、日本の大手企業の海外オフショア開発のサポートをしています。弊社の強みはなんといっても、日本と中国の二カ国を融合させた(結ぶ)ソフトウェア開発体制です。お客様との渉外業務はJHCが担当し、実際のシステム開発は中国本土にあるグループ会社各社が担当しています。信華信では優秀なエンジニアを1万人以上擁しているため、大規模な開発案件も対応可能です。他社にないスピード感と信華信の最先端技術を使った開発によって、お客様からの信頼を得ています。近年は単なる受託開発だけでなく、ソフトウェアの企画・立案段階(上流工程)から携わるプロジェクトも増加しています。また、JHCが直接エンドユーザーにサービスを提供する機会も増えました。モノづくりだけに留まらず、お客様の視点に立ち、新たなサービスを実現したいといった新しいニーズを機敏にとらえた市場開拓も積極的に行っています。

中国のオフィスに渡り現地社員と研鑽を積む

IT技術が日々新しいフェーズに移行していく流れの中で、弊社では特に社員のITスキル向上に重点を置いています。移り変わりの早いIT業界では、お客様からの高い要求に応じるため、個人のスキルアップが必要不可欠です。たとえば新人教育の場合、普通のIT企業では、受注から開発、納品までの一連の流れを一通り習得させるのが一般的ですが、弊社ではあえてそれをしません。できるだけ開発=モノづくりの部分にまず配置します。最初にその分野のプロフェッショナルに育てることで、その後、上流工程に入っても「何が作れるか・作れないか」といった現場的な判断ができるようになります。また、若手社員を中心に、新しい技術を習得してもらうため、中国の本社メンバーとの共同研修制度を積極的に展開しています。国籍の異なるメンバーが協力することでお互いに教え合い、オフショアプロジェクトとして必要なコミュニケーションを含め、技術的な面の成長速度も格段に向上します。現在も7名ほどが中国本社で勉強しています。日中混合の多様なチームで活動する弊社は、新たな視点からの価値観やアイデアを生み出し、グローバルな環境で働きたい人には最適な環境だと思います。

国籍・年齢関係なくフラットな意見交換を

新しい市場を開拓するということは、新しい人材も必要になります。ただし、採用では「こういう人材がほしい」と会社が指定することはありません。常に「その人に一番向いている仕事」をアサインする(割り当てる)ことを心掛け、人材ミスマッチを防ぎます。そのために社員一人ひとりが何をしたいかをグループリーダーがしっかりとヒアリングする個別面談(1on1ミーティング)を年2回実施しています。これは社員の希望を理解する場や自分の成果をアピールする場でもあります。また、共有すべき社内情報を関係するすべての社員がフラットに共有できるよう会社独自のプラットフォームを活用しています。経営状況や業務体系など社員が必要とする社内情報は常にオープンになっており、全社員いつでもアクセス可能な環境を整えています。こうすることで上のランクの社員たち(上層部)の仕事内容も把握できるので、次のポジションに行くために何をすべきかが明確にわかるのです。成果に対する報酬を提供し、全員に等しくチャンスが行き渡る環境づくりを整えています。今後、企業の成長に伴い、社内コミュニケーションの強化も今まで以上に取り組むべき課題になるはずです。私は国籍・年齢関係なく、お互いフラットに意見交換できることが、成長する会社に不可欠だと考えています。日中のメンバーが混在する弊社だからこそ、活発なコミュニケーションを意識し、他社にはないアイデアとサービスを提供し続けることを目指します。
  • 中央のミーティングスペースはブレストや簡単な打ち合わせに最適。

株式会社ハイシンクジャパン

会社名カナ
ハイシンクジャパン
所在地
東京都港区芝浦3-2-16A-PLACE 田町イースト6F
電話番号
03-5439-5499
設立
1999(平成11)年9月
従業員数
476名
売上高
141億4,241万円(2022年12月期)
事業内容
ソフトウェア開発業
企業サイト
https://www.jhcc.co.jp
X(旧Twitter)
https://twitter.com/jhc_saiyou
TSR企業コード
29-601093-6
同じエリアのその他の企業

(株)テクノスタット工業

製造

弊社は2000年の創業以来、帯電防止袋・帯電防止フィルムの専門メーカーとして躍進。多くの電子部品メーカーが製造する電子部品の品質維持に貢献してきました。帯電防止とは、静電気を速 …

中央システム(株)

情報通信メディア・その他

中央システムは、東京 東新宿の独立系ICT(情報通信技術)企業です。起業から43年、様々なお客様のビジネスパートナーとして事業活動を行ってまいりました。今後も、お客様よりいただ …

JFEコムサービス(株)

情報通信メディア・その他

当社は企業が活動する上で必要な、システム開発・インフラ構築・セキュリティ支援・安心安全ソリューション・スマデバ事業等を手掛けています。お客様の企業活動にITは浸透し、なくては …

エムジー(株)

サービス・情報通信メディア・その他

・当社は創立16周年を迎え、IT通信系をはじめ航空会社、大手電力会社、証券会社まで幅広い業界とお取引をさせていただき、多岐にわたる事業をおこなっております。現在は東京・大阪・名 …

北日本石油(株)

販売(小売)

私たち北日本石油は、コスモ石油マーケティング株式会社の大手特約店として、北日本エリアの広域に数多くのSS・陸上及び海上部門を持ち、幅広いネットワークを通じ、石油製品を提供してい …

(株)クリエイション

情報通信メディア・その他

クリエイションは、JRシステムグループの一社ですが、1980年に独立系のソフトウェア会社として創業以来、都内を主とした大手企業の社会インフラ領域(通信・金融・交通)、メーカー系 …

(株)竹徳

建設・不動産

当社は創業118年を超える総合建設業です。「蛻変」(ぜいへん)の経営理念のもと時代の変化に合わせ業態を変化させながら今日に至ります。「蛻変」とは、蝉の卵が幼虫になり、さなぎにな …

NSK(株)

建設

当社は1979年5月の創業以来、オフィスや店舗・商業施設、公共施設などの「電気通信工事」「ネットワーク」「監視カメラ」「内装設備」「デザイン」など、オフィスに関わるあらゆるニー …

井和工業(株)

製造

当社は、プラスチック製品とスポンジ加工品の2本柱で営業をしております。両製品とも、機械の内蔵部品が多いので、皆様の目に付くところにはありませんが、お客様にとっては、とても重要な …

フネンアクロス(株)

製造

耐火、防音、遮煙、エコと安全、水の流れについてわたしたちはこれからも探求し続けます。耐火二層管は、排水管としての多くの要求性能をあわせ持ち、その総合力により、「信頼たる排水管」 …